【セミナーのご案内】『茶業の最先端と日本の育種史を学ぶ』 ~九州茶業コンソーシアム及び日本の育種史~

すっかり秋の気配となりましたが茶業界ではこれから様々な茶イベントが始まる季節となりました。

埼玉県支部では最先端の茶業を学ぶ大変貴重で有意義な学びの場をご用意しました。

昨今、農林水産省ではTPP対応として、国内農業の競争力強化のため27年度の補正事業として革新的技術・緊急展開事業を開始しました。茶業関連では、国内外の多様なニーズに応えるための新しい茶の生産技術の開発とその実証研究に取り組んでおり、新しい加工技術や新品種を活用した商品開発等に取り組んでいます。

今、国内で行われている最先端の取組み「九州茶業コンソーシアム」について、農研機構枕崎茶業研究拠点長の根角氏にご紹介頂きます。
また、根角氏は国内茶育種のリーダーとしてもご活躍されており、日本の茶育種史についての過去から現在、そして未来について学びます。
茶の普及に携わるインストラクター及びアドバイザーの皆様には大変有意義な機会ですので、是非ともご参加頂ければ幸いです。
尚、当日は当該プロジェクトで開発された茶および希少な新品種の試飲とアンケートを行います。今後の研究開発の更なる発展に向け皆様のご協力をお願いします。

『茶業の最先端と日本の育種史を学ぶ』
~九州茶業コンソーシアム及び日本の育種史~

開催日:平成28年11月3(祝日)10:30-15:00 (10時より受付開始)
会場 :ウエスタ川越活動室2
アクセス:JR埼京線、川越線「川越駅」より徒歩5分東武東上線「川越駅」より徒歩5分西武新宿線「本川越駅」より徒歩15分
*ウエスタ川越アクセスリンク http://www.westa-kawagoe.jp/access/

内容:①九州茶業コンソーシアムの概要と最先端技術で作られた試作品の試飲
②日本の茶育種史を学ぶ
③新品種の試飲

参加費:500円

募集人数:35名(先着順)

その他:途中昼食休憩を取ります。お昼ご飯は各自ご用意ください。ご持参頂くか会場周辺のコンビニ、お店等を活用ください。

持ち物:インストラクター orアドバイザー証、エプロン、筆記具

申込方法:氏名認定番号電話番号メールアドレス(PCからの受信が可能なアドレス)を添えてinfo@inst-saitama.netまでお申し込みください。

※メールの件名は『茶業の最先端と日本の育種史を学ぶ』として下さい。

[申込締切]平成28年10月23日(日)(定員に達し次第締切ります。定員に達しない場合は締め切り後も継続募集します。)
[お問い合せ先]info@inst-saitama.net研修担当までお問い合わせください。

*大変貴重なイベントのため早期締切も予想されます。どうぞお早めにお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です