活動報告「県産茶を通じたお茶育授業2018」 ⑪10/22(月)さいたま市立島小学校

活動報告「県産茶を通じたお茶育授業2018」
⑪10/22(月)さいたま市立島小学校

対象:5年生4クラス 計139人
授業内容:「狭山茶について」「3種茶の飲み比べ」「淹れ方」
活用科目:総合・家庭科
担当チーフ・講師:今井
スタッフ:早苗、諸町、宮本(美)

学校の先生方のご苦労がわかる、児童数も多い4時間立て続けの授業でしたが、授業慣れしてきたスタッフの機敏な動きに助けられて難なく終えることが出来ました。
4クラスともクラスカラーが違いましたが、どの児童達も飲み比べや淹れ方の実習は積極的で、また、話をきく姿勢が素晴らしく、時間のタイトな授業内容でしたがスムーズに進行出来ました。

予想外に家庭での急須の保有率が6~7割と高く驚きましたが、それでもやはり普段から「淹れて飲む」習慣がある家庭は少なかったので、「ぜひこの授業を機会に、家で眠っている急須を活用してこれからも美味しい狭山茶を飲んでね」と声をかけてきました。

 

(文責:今井 写真:諸町)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です