活動報告「県産茶を通じたお茶育授業2018」 ⑫10/24(水)久喜市立鷲宮小学校

活動報告「県産茶を通じたお茶育授業2018」
⑫10/24(水)久喜市立鷲宮小学校

対象:5年生2クラス 計41人
授業内容:「狭山茶について」「3種茶の飲み比べ」「淹れ方」
活用科目:総合
担当チーフ・講師:今井
スタッフ:早苗

授業に行く度、欠席者がちらほら目立つ季節になってきました。
この時期の授業では「カテキン効果で風邪予防!お茶でガラガラうがいがオススメ」と必ず伝えるようにしています。
毎回、授業の下見の際に家庭科室の備品を確認させて頂いてますが、この学校は珍しく茶櫃が、しかも班の数だけあり、その中には茶碗、茶托、湯こぼし、磁器の急須がきちんと揃っていて感動しました。
20分休みを挟んでの2クラス実施で、児童人数もさほど多くはなかったので、担当者としては初めての試みで、茶碗と茶托は学校のものをお借りしての授業としました。
茶産地からも遠く茶畑を見たことがない子供達でしたが、美しい茶畑の広がる入間市をはじめとした茶産地の景観や、この時期に咲くかわいい茶の花の話を写真を見ながら興味深そうに聞いてくれている姿が印象的でした。
この授業の為に児童用のワークシートを用意下さり、また搬入搬出までお手伝い下さった先生方のご配慮に感謝し、スタッフ2人でしたが清々しい気持ちで終えることが出来ました。

(文責:今井 写真:早苗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です