【活動報告】久喜市農業祭『飲み方でこんなに変わる「お茶」』

令和元年10月20日(日)、久喜市農業祭の一角で『飲み方でこんなに変わる「お茶」』というテーマで活動を行いました。

主な活動内容は次の4つです。

①ペットボトル茶と水出し茶の比較
来場者にウェルカムティとして両者を飲んでもらい、味を比較し、水出し茶の淹れ方、優れた点を説明するなどして、体験していただく。

②普通煎茶と深蒸し煎茶の違い
来場者に普通煎茶と深蒸し煎茶を飲んでいただき、両者の見かけと味の違い、理由を説明し、体験していただく。合わせて、どちらが好みか聞き取る。

③お茶のおいしい淹れ方
実演をしながらお茶のおいしい淹れ方について、お知らせするとともにお茶を味わっていただく。

④茶染め作品の展示

150名ほどの来場者が訪れましたが、多くの方に、「甘みや香りがあっておいしい」と水出し茶の優れた点を体感していただけました。「自宅でも試してみよう。」という方もかなりいらっしゃいました。
また、普通煎茶と深蒸し煎茶の比較では、深蒸し煎茶のほうが苦みを感じられ、お茶をしっかり飲んだ感じがして好みだという方が8割程度もいらっしゃいました。

今回の取組で、お茶のおいしさを消費者の方々にしっかり伝えることができました。

(文責 渡辺実)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*