【活動報告】碾茶製造見学研修会

碾茶製造見学研修会 7月7日(日)、梅雨明けの猛暑の中、碾茶製造見学研修会が開かれました。

定員20名を越す申し込みがあり、研修先の「狭山碾茶工房 明日香」様のご厚意で 参加希望者全員を受けいれてくださいました。(東京9名、神奈川3名、千葉1名、 インドネシア1名、埼玉9名)

 ウェルカムティーとして冷抹茶がふるまわれ、その後、2グループに分かれて工場を見学。 茶葉が運ばれ、蒸され、冷やされ、そして宙を舞う茶葉に、皆のカメラが向けられます。

P1120810
1つ1つの行程の説明が行われ、煎茶とは違う機械や茶葉の状態に皆さん興味が尽きない様子でした。工場内は、高い気温に加えて機械の熱、さらに参加者の熱意で、まさにサウナ状態。

P1120852
 次は、全員で茶園の見学。品種ごとの特長や被覆についての説明をしていただきました。実際の茶園を目の前にしての説明は本当に分かり易く、貴重な体験でした。

P1120854
 工場に戻ってから再び2グループに分かれ、茶期別碾茶の鑑定と体験抹茶を行いました。 茶期別鑑定では1茶、2茶、秋番直掛け、はさみ刈りの鑑定を行い、五感を研ぎすませて臨んでいました。 体験抹茶では、明日香の一服煎を使い、水で練ってからお茶を点てる方法を習得。どちらも今後のインストラクションにいかせる体験ができたかと思います。

 所々で抹茶にまつわる歴史や、狭山抹茶のこれまでの歩み、栽培の工夫など様々な情報も提供してくださいました。製造中の忙しい中、時間を割いて温かく迎えて下さった明日香の皆様に、深く感謝いたします。

 また、参加者の方から「満足度の高い研修だった。」との声を頂き、役員一同うれしく思っております。  終了直後は、別れを惜しむかのような、、、土砂降り、、、皆様お疲れ様でした。 

(写真・レポート:事務局 安藤)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*